About


What is IMLD

国際母語デー(こくさいぼごデー、International Mother Language Day)は、国際デーの一つ。毎年2月21日。 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1999年11月17日に制定した。言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてそれぞれの母語を尊重することを推 進することを目的とする。 1952年のこの日、当時はパキスタンの一部だったバングラデシュのダッカで、ベンガル語を公用語として認めるように求めるデモ隊に警官隊が発砲し、4人 の死者が出たことに因むものである。バングラデシュでは、独立運動の中の重要な事件の一つとしてこの日を「言語運動記念日」としていた。

World Opinion

世界の約6000の言語のうち、半数近くが21世紀中に消失するおそれがあり、悲観的に見ると95%の言語が消失してしまう可能性さえあるということです。そして、この状況が人類にとって本当の進歩であるかどうかが、問われるようになってきました。各民族が長年の歴史の中で築き上げてきた文化とそれを支える言語とは、人間が持つ豊かな可能性の現れです。それが消えることは、人間の可能性を狭めることにほかならず、人間の本質を解明するための手掛かりをなくしてしまうことにもなります。この状況に対して、1999年11月17日に、ユネスコ(国連教育科学文化機関)は2月21日を「国際母語の日」と制定し、母語の振興を通じて異なる民族・文化間の寛容と尊敬を確立することを、参加188カ国の全会一致で宣言しました。 東京都豊島区池袋西口公園には、2005年にバングラデシュ人民共和国により寄贈された“ショヒド・ミナール”(国際母語の日を象徴するものとされているモニュメント)が設営されました。 日本には世界各地からのさまざまな国の人たちが生活しています。それらの人々の母語を守るための記念の日として言葉の日(国際母語デー)を祝うプログラムを開催します。

Contact:

Dr. Khan Md. Anwarus Salam

Convener, International Mother Language Day Workshop, Tokyo, Japan.

www.internationalmotherlanguageday.com

Prince Dey - 20 posts

AL-AMIN

Abdullahil Kafi

Nkasiyoi

Tanzimul Islam

md faislal usof rony

nazmul hasan

tanvir muhammad joy

Rokan Faruqui

sclaeyssi